▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

海外から見たニッポン。

2012年4月24日

今日は友人が集まっての食事会でした。
そこで、アジアでなにが起こっているかの話題が出ました。

アジアに詳しい友人の話を聴いていて、
日本から見ているのは、やはりUSAな視点であって、
アジアから見るとまた違うのだなぁということを実感。

じゃあ、日本にはなにがあるんだ?という話題になり、
私はお酒がまわっていたこともあって、持論を披露してしまいました。

うーん、反省。

わたしの持論は、日本の文化が世界を救うという点。
その文化の真髄は「美徳」であって、

それを表す言葉が、「もののあはれ」であると。

儒教の文化を受けた日本が独自の世界観を熟成させ、
桜の木に一礼できる人間性を形成している、と。

その心構えと礼儀は、実は海外の人は理解しにくいと。

それを伝えるには、単に翻訳したのではだめで、
僕はそれをデザインで、できれば図案で伝えたいと思っています。

世界の平和と宇宙の安定は日本から創られる。
そこまで言ってしまうと、酔いたんぼ(愛媛の言葉で酔っぱらいの意味)の
戯言になってしまいますね。

でも、とても素晴らしい食事会でした。
国境を越えた友人に感謝。