▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

活字の印刷。

2008年5月7日

忠正氏と、和紙について話した。
氏はそういうものに対して感覚がスルドイ。

厚みのある和紙に活字(凸版)で印刷すると、
圧力をかけるために文字の部分が凹み、
なんともいい風合いになる。

いまはこの印刷を行っているところは非常に希だが、
一昔前か二昔前くらいには通常の印刷方法だったのだ。

私が13年前くらいに、田舎へ戻って最初に働いた会社では
まだ活字が残っていて、活字職人さんが一文字一文字拾い出して(棚から持ち出して)きては
文章に組んでいたものだ。

その職人さんとはよく話をしたし、活字の印刷方法のコツなんかも
教えてもらったものだ。

自分の仕事がイヤになると、活字部へ行っては邪魔していたように思う。

数年前までは愛媛にも活字印刷をしているところがあったが、
2001年の芸予地震で棚が崩れてしまい、
活字の分類ができなくなったことを機にやめてしまったらしい。

いまは日本国内でも扱っているところは少ない。
デジタル全盛の現代では幻の印刷技法だ、というのは言い過ぎか。

活字のことを書きすぎたが、和紙の話だ。

全国にも和紙の産地は沢山ある。
愛媛県の東予、国安地方も和紙の産地だ。

数年前に縁あって、ここの産地で漉かれた、
純楮(コウゾ)100%の名刺和紙を購入した。

すこし高値だったが、緑の褐色に光る楮の風合いがなんともたまらない。
漉いた職人さんに、紙の名前を箱に書いていただいた。

手元においておきたかったが、
今回、忠正氏の名刺に使うことになった。

過去に一度、県の公務員さんの名刺に使ったことがある。
仕上がりは上々。

1枚あたり200円近くする名刺なので、通常使用するには勇気がいるが、
ここぞ!というときに使っていたらしい。
(ご本人曰く、こんなヒラ職員がこの名刺は無いだろ~!!)

ふつう、こういう名刺を使うのは、
芸術家、花のセンセイ、染職人など、その世界でもかなり尖った方が多い。

名刺を渡した相手から、「どういうお仕事でいらっしゃいますでしょうか?」と聞かれるそうだ。
なかには「○○先生」と呼ぶ方までいたというから笑える話だ。

さて、忠正氏の名刺、どんなモノになるのやら。
出来上がりが楽しみだ。