▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

本屋さんでスッキリ!!

2009年2月19日

頭がすっきりしないときは
本屋さんへ行きます。

そう、頭がなんだか
すっきりしないんです。得意げあせる

ここのところの睡眠不足?で
ちょっと疲れたなぁ、と。

昨夜は昨夜で
岡山で活躍中の友人デザイナーが愛媛に来てるってことで
急遽談義。
おもしろくてついつい興奮。アップ

その反動か、
ちょっと今日はぼうっとしてました。
中川大臣さんもきっとこんなかんじ?
(違うか)

てなわけで、
すっきりしないときは本屋さんへ行きます。音譜

するとなんだか不思議と
テンションが上がるんですニコニコ

欲しい本があるならアマゾンでもいいんですが、
本屋さんには魅力があります。

あの、本屋さん独特の匂い。
紙とインクの匂い。

そして、
音を吸収してしまう音響空間。
部屋の共鳴があまり無いんんですね。

そして暗めの蛍光灯。

ああ、本屋ってステキドキドキ
ずっと居たいくらい。

だから
耳障りな歌謡曲流すのやめてください。
知的空間ぶっこわしです。DASH!

ああ、ここでコーヒー飲みながら
本の背表紙だけを追ってあるきまわりたい。

ああ、本屋さん~ラブラブ!

で、ぱっぱ、ぱっぱと目についた本を
手にとって、
3秒が無理なら1分以内で買うかどうか決める。

背表紙のコピーと手頃な価格につられるから
ついついカジュアルなビジネス書が多くなってしまう。


またフォレスト出版かよ?とか
言いながらブツブツひとりごと。

ヘンなおっさんと化してます。ガーン

WAKTAL

そんでもってレジへ行くと、、
「1万4千円になります。」


私:「あ!えっ…すみません、お金足りません!」

ちゃんちゃん!