▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

映画制作のハガキ!

2008年12月1日


ハガキがうちに届きました。
そのハガキには
“今度、映画作りました” との文字が…

ええ?!

タイトルは、 「能登の花ヨメ」

出演は、田中美里さん、内海桂子さん、
泉ピン子さん…

監督は白羽弥仁さん
音楽は大江千里さん

ええ?!なに~?

差出人は、私の元上司の一人でもある西林敏一さん。
大阪でコピーライティングの会社を経営されてます。

このハガキを見たとき、
映画?…と驚きました。

思いおこせば、
私が美大を卒業後、
大阪のデザインプロダクションに勤めたとき。

となりのルームでコピーライティングをされていた氏には
よくお酒の席に連れていってくださいました。

当時飲めなかった私は、すぐにフラフラになりました。
“なんや、もう酔うたんかー”

そういえば、先輩のSさん、どうしてるかな?
たしか大阪電通へ転職したんだっけ?

ほかにも、ガーデンデザインオフィスのSさんOさん、
コピーラーターのUさんEさん…
思い返すと胸が熱くなります。

長くご無沙汰してしまってるからなぁ…

よし、今年中にちゃんと挨拶しに行こう!

たくさん迷惑をかけたので、ちゃんと挨拶して
謝りたい気持ちもあったりして…(^^ゞ

映画制作、本当にすばらしいことだと思います。
新しいことに挑戦しつづける氏には
大きなエネルギーを感じます。

元気をもらったハガキの話でした。