▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

新居浜市のR社さん、前年比約150%に。

2010年1月5日

嬉しいご報告をいただきました。
新居浜市のクライアントさんで、総売上が前年比約150%になったとのこと。

嘘っぽい数字ですが、本当なんだそうです。
社長、ワクタルへの報酬上げてくださいね(笑)

私がお手伝いさせていただいたのは、ほんの一部ですから、
この数字は総合力のたまものだと思います。

社長さん曰く、「特需もあったと思うんだよね」。
その口ぶりから、もうすこし緩やかな数字でもよかったかも、という
気持ちが伺えます。

これから限界利益をみていくそうです。
(もともと粗利率が高いご商売ですので
おそらく大丈夫だと思います。)

私は今回、特にデザインを手伝った訳ではないんです。

毎回、私がセミナーなどでお話していることよりも
もっと基本的なことをひとつひとつ行いました。

いつも思うんですが、
キレイなパンフレットを作っても、ホームページをつくっても
それで根本的な問題が解決するわけではないんです。

ましてや、キレイな写真が並んでいるだけのパンフなんて最悪です。

でも、こういうのってデザイナーである我々にも責任があります。
デザイナーならば、キレイで美しいものを作りたいって思いますよね。

しかも、デザイナーにもいろんな種類の方がいますから、
元オペレーターだったり、なんちゃってカメラマンだったり。

デザイナーにはいろんな種類がありますが、

私は、クライアントさんの経営とともに、
販売促進のしくみからデザインするデザイナーでありたいと思います。