▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

新商品開発で大切なこと。

2012年7月23日

新商品開発会議、どこもやってると思います。

私の住む愛媛県西条市という田舎都市でも
みなさんがんばって取り組んでおられます。

そして、残念ながら…
うまくいかない。

社内からアイデアを募集して、
図面見ながら挙手で決めたりしてます。

アイデアからさらにアイデアをふくらませようとしても
参加メンバーは発言すらできなくて、

“これは加工しやすい”とか
“安くできるからいい”とか。

プロダクトアウトにすらなっていない状態。

このような状態からイノベーションを産み出すには
どうすればいいか。

「予算を組んで開発を外注する」

これはたいていみんな嫌がりますね。

「自社にノウハウが残らないじゃないか!」

え? ノウハウ吸収するつもりないくせに~(笑)

たいてい、本心はこういう答えです。

「そんな予算は無い」

だから自社でなんとかしようとするんです。

これは
釣りをするのにエサ買うお金がないから、
自分でエサを探して釣ろうってのと似てます。

でも、そのエサの探し方がわからないし、
社員さんはエサ取りにいく気がない。

「仕事中に手当出してくれたら、とりあえず浜辺へ行ってみてもいいよ」
って気分ですね。

結局、会議のやり方とか、しくみとか、
そんなのではなくて、個人の資質の問題なのかもしれません。

やる気のある人が1人でも出て来たら
徹底的に鍛えて、

釣り糸を垂らすことの喜びと
釣れたときの興奮を味わってもらうほかありません。

そのためにはやっぱり、投資が必要です。

ぜひ、新商品開発という釣りの興奮を
味わいませんか?

ちなみに私、本当の釣りは苦手です。

エサを針にかけれない、そして
釣れた魚を針から外せないんです…

笑。