▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

感性フローと瞑想体験の関係について

2009年2月20日

はじめにおことわりさせてください。

これから書く内容、
とっても固いです…アセあせる

ですので
いつもの雰囲気がお好みの方は
読まないほうがいいかも…です。
(ごめんなさい)

今朝は
西条倫理法人会さんで
お話させていただきました。

終了後に、
ありきたりの研修はさんざんやっているから
変わったものが欲しい、とのお声がけをいただきました。

私がワークショップやってるとか
研修してるとか言うと
すぐに
「どこで研修を受けてますか」とか
「ワークショップのどんな資格をお持ちですか」と
聞かれることがあります。

きっとその方の“判断基準”なんだろうな、と思います。
ほかにものごとを計るものさしをお持ちでないのかもしれません。

たまたま昨日、
ときおりビジネスのアイデアを出し合う社長さんにも
お話しましたが、
私の販促研修は現場からさかのぼって組み立てているので
あまりそういった「型」にはこだわっていません。

ひたすら、感性フローを生むきっかけづくりを
追いかけています。

すこし前に
フロー状態について学ぶ機会がありました。

井深大氏の言う、
“…自由豁達ニシテ愉快ナル理想ノ工場ノ建設…”

これです。

つまり、
心の欲求に従って行動する、ということを大切にしましょう、と。

わたし、じぶんさがし部で黙想するじゃないですか。

それは、抑圧されたもうひとりの自分と対話し認め合うことなんですね。
ペルソナとシャドウの関係。
それは、自分の理想像と抑圧されたもう一人の自分との対話なんです。

それに気がついてから
世界が広がりました。

なるほどね~!と。

自分の内側からわき上がる感情、または感覚。
それに突き動かされる体験を
私たちは忘れつつないでしょうか?

感性感性、って私言ってますけど、
あくまで概念的なものです。

しかし、それを感じることができるのは
戦うことや自律性を高めることからでは導けないんですね。

理性では割り切れない部分に対して寛容になる。

すると、ひらめきや、ものの本質だと感じる部分が
どんどん降ってくるんです。
それは妙な気分ですし、ある意味カルト宗教的でもあります。

しかし、たとえカルト的であるとしても
それは人間の本質と深く結びついているんです。

そういったカルトチックなことを言ったり、
精神世界の飛行や、深層心理について語るのは
いまの競争社会ではマイノリティです。

多くは競争社会で生きていますから
その理屈にどっぷり浸かってます。

戦後づっと続いてきたその考え方を
180度変えるのはなかなかできないでしょう。

私だって昭和生まれですから
難しいことに変わりはありません。

しかし、
私たちよりも下の世代は
確実に違う価値観を持っています。

結婚の基準がそうです。

高学歴、高収入なんて言われた世代の私たちにくらべて
いまの世代は恋愛感情が上位にきます。

これはもしかしたら
価値観の大きな変化、

もっというと
いままでよしとされてきた生き方そのものの
大きな交代劇なのかもしれない。

そういう時代の販促やものづくりは
確実に変化していっていないと
ついていけなくなるんじゃないだろうか?
そんな仮説に酔いふけっていました。

あたらしい生き方や価値観の上に成り立つ社会に
きっとゆっくりと時間をかけて
変換していくんでしょうね。

先日私の友人が言っていた言葉。

「必要経費に1千万かけてよぉ、売上げ3千万やで。
これ、ゆっくり500万稼いでそれで十分食えたほうが
ひょっとしたら幸せかもしれん…」

もちろん、それが幸せかどうかはわからないし、
そんな単純な話じゃないだろ?

それに、今の経営の考え方だと
そんなんでどうするっ!!とおしかりを受けそうです。

しかし、もし、町内みんながそんな考えで、
たべものをわけあって、死ぬときも手伝ってくれれば、
それはそれでアリなんかもしれませんよ?!

いま世の中からはみ出してくらしている、
もしくは順応できないとされているひとたちが
実は進んだ価値観を(結果的に)もっていて、
我々の社会のほうが未発達だとしたら?

そのくらいの価値観の変貌って
この先あるんでしょうか??

僕にはわかりません。

でも、回遊魚のように突き進んで戦い続ける彼が
自分自身の中にある病んだ部分を気にしているのを
感じました。

ああ、
固い話はつかれる…

健忘録として書いてみました。
にひひ