▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

店舗ファサード 「飯尾さん、貴方はズルい!」

2009年1月18日

『飯尾さん、貴方はズルい!』

今朝私に届いた、
1通のメールです

内容は、もちろん冗談まじりに

「あんた、ずるいわ~!
なんで教えてくれんのぉ~?」って感じです。

昨日、
店舗ファサードのことについて書きました。

そして、
店頭をにぎやかにするために
どうすればいいか?

その答えは…?!

っって書いたのですが、
セミナーに誘導するのは
ズルイ~!ということですね

参加してくださる方には
すべてお伝えするつもりですので

ここではヒントを

それは…

「自店にあるものを使う」 です。

看板やのぼりは
看板やさんや印刷やさんで
つくってもらえます。

しかしここでは、
業者さんでは

絶対に作れないもの

店頭にもっていきます

例をあげますね。

たとえば
「商品」。

「こんなもん売ってるんですよ~」
という紹介をする。

そして、
「それってこういう特徴があるんでっせ~」と
POPを添える。

軽い靴なら
量りの上に乗せる。

ハードな服なら
ハードなモノや
シチュエーションを追加する。

美味しいお酒なら
いい器やつまみの皿を添える。

このへんは
店主さんのセンスが問われますネ!

商品がなにも無ければ、
情報を展示する。

そして、もうひとつ、
店頭をにぎやかにできるものがあります。

それはあなたのお店の中にあります。

簡単にできて、
かなりの効果があるもの。

つまり、
店頭にもってくることができる
究極のモノは…?!

考えてみてね!