▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

店舗ファサード、意外な落とし穴。

2009年1月17日

昨日は今治地場産業振興センターにて
セミナー。

そこで来月の本気販促セミナーの
紹介をさせていただきました。

貴重な機会を与えてくださり
ありがとうございます!

さて、
今日お客さんのところで
話をしてたのですが、


店舗ファサード
のハナシ。

店舗ファサードは通称、
店舗の正面のことを指します。

主に
入り口付近であることが多いですネ。

あるクライアントさんからの相談なのですが、

「入り口がなんか暗い感じがすんねん」。



たしかに暗いですね。。。

でも、照明を追加したところで
あまり変化無さそうです。

看板を設置しても
う~ん、
変化無いかなぁ~…汗

明るくはなりますが、
それが “浮いて” しまうんです。

照明を追加しようが、
看板を設置しようが、
のぼりを立てようが、、、

暗い雰囲気が払拭できない


それはナゼか・・・・・

それは、
冷静に見ればわかるんです。

私は第三者の眼で見ます。
要するに消費者目線です。

「○○さん、私にはこう見えます。」と言うと

「おわっ!たしかに!」
って気付かれます。

これ、自分で簡単にわかるやりかたがあります。

それをここで公開しちゃいますねビックリマーク

それは、「デジカメ」です。

自店をすこし離れて写真を撮ります。
それをプリントアウトします。

可能な限り、

写真用光沢紙
で出力します。

で、
深呼吸して眺めます。


どうですか?





見えたでしょ

え?

見えない

そんな場合は…
来月のワクタルの研修を受けてください

手遅れになる前に!!