▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

常識を越えるパジャマ

2010年1月12日

常識で考えるとなかなか超えられない壁があります。

そんなとき、ひとはよく、「ウチの業界では…」という言い方をします。

その多くは、業界では敬遠される内容であるとか、
業界の慣習だから無理だというもの。

いわゆる、“できない理由”ですね。

しかし、その“業界の慣習”は、
はたして、お客さんが求めているものなのでしょうか?

お客さんからしてみれば、
業界の慣習など無いほうが有り難いときってありませんか?

たとえば、私、パジャマを買おうと思ったんです。

今愛用しているパジャマは愛着のあるパジャマで、
もう何年も着ています。

さすがに古くなってきたので買い換えようと思い、
近所のフジグランへ行きました。

980円セール、2割引!、いろんなPOPに惹かれて見てみても、
欲しいのはそこには無い…

そういえば、もう何年も前にこんなことってあったぞ?!
あのときもパジャマを探したんだっけ。

さらにまた近所のしまむらへ行ってみても、
品揃えは豊富なんですが、私が欲しいのが無いんです。

家に帰ってインターネットで調べても同じ結果。

世の中のパジャマはどれも、
『これから入院してきます~トホホ』っていうデザインの
パジャマが大半なんじゃないでしょうか?

ほんと、どれも元気を吸い取られそうなものばかり。
こんなのじゃ、人生の1/3もある睡眠を楽しめない!

作り手のほうもマーケットリサーチとかしてるんだろうけど、
結果的に面白くない。

たまに変わったのがあるけど、
“唐草模様入り”とか“龍の刺繍入り”とか。
オイオイ!なんでそうなっちまうんだ?

ピンクや紫、エンジの色で、
そのまま寝るだけじゃもったいない、
それでいてそのまま外に出るにははずかしい、
そんなパジャマ、無いかしら?

レディースのカラーで
メンズを作ってほしい!!

できれば首もとが詰まってて大きな襟がついていて。
すこし細身のパジャマって無いのかな~

縫製会社の社長さん!
ぜひ新しいデザインのパジャマを作ってください。
パジャマの常識にとらわれないような!!