▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

局のスタジオセットをについて。

2008年5月1日

地元ケーブルテレビ番組のセットのデザインを考えている。
視聴者には年配の方も多い。

日本の有名局のセットは凝った造りで、
全体としての雰囲気を重視したものが多くなってきた。

背景としてではなく、空間として捉えている。
キャスターが上半身のパターンも減ってきたように思う。

靴が映るシーンも多い。

じゃあ、海外のセットはどうだ?と調べてみたら、
簡素なものも割と多いようだ。

新しいバーチャルなものもある(セカンドライフなど)が、
大型モニタを置いただけ、とか、
単にガラスのバックの前、なんてのもある。

しかし、それでいながら雰囲気がある。

共通しているのは、画に広さ感と奥行き感があるように思う。
決して広大ではないのだが、5~6メートルの背後空間がある。

そして、なんとなく落ち着いた雰囲気。

日本だと夜9時以降の番組のようなセットで
ずっとやってる。(※あくまで推測…)

キャスターは男性だけ、というのもあった。
妙にユーモアがあり、テンポが速い。

お天気の説明なんか、ポケットに手を入れたり出したりしながらやっている。
それでいいのか?

いいんじゃないの。