▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

小学生もバンバンやってる?!知識だけでは通用しない経営マネジメントゲーム「戦略MG」を体験してきた!

2019年3月14日

cof

小学生もバンバンやってる?と紹介された、経営マネジメントゲーム「戦略MG」を体験してきました。

場所は、松山の銀天街にある「未・来Job松山」。(ミラクルジョブまつやま、と読みます。

未・来Job松山のHPはこちら

ここは、創業・経営・就労支援などのカジュアルな支援拠点として、平成28年4月から運営されている、あらゆる人にフレンドリーな拠点です。

講師は中小企業診断士の森田先生。(HPはこちら

このゲーム、なかなか参加のチャンスがありませんでしたが、今回、お試しでチャレンジする機会がありました。

ゲームの内容をおおまかにいうと、参加者は経営者になって、自社の工場をまわして利益を出していく、というものです。

工場に原料を仕入れて、加工して、販売していくんですが、人材の要素あり、市場価格変動の要素ありと、なかなかエキサイティングな内容です。

cof

今回は2期分の体験でしたが、結果は…見事に赤字!
ほかの参加者さんも全員赤字でした。(笑)

自社の原価管理と粗利率のことは考えていたのですが、市場のあまりにも値崩れに翻弄されてしまい…赤字を最小限に食い止めるのに必死でした。

自社の管理だけしてたらジリ便になってしまう…そんなことを肌感覚で学びました。

これ、経営管理の知識だけでは勝てないんですね~!!
そこが面白いところなんですよ!

ほかの市場や競合などの状況を見ながら、リスクを取って仕掛けていく要素が、KKK(勘と経験と度胸)に左右されたりして面白いです。

森田先生によると、ソフトバンクの孫社長も23歳の時に体験して絶賛しているようです。

さらに、全国の小学生もバンバンやっているとのこと。
しかも、強いそうです!

そんな小学生の度胸と勘に、果たして我々は勝てるのか?
いつか小学生と一緒にゲームしたみたいと思いました。

通常2日間で学ぶゲームらしいんですが、つぎはいつあるのかな??