▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

富士フィルムのロゴデザイン変更について(1)

2008年4月28日

富士フィルムがロゴを刷新したのは最近の話だ。

先日、富士フィルムの社員さんとプライベートでお話する機会があったので

お話をうかがってみた。

私が気になっているのは、

ロゴの変更を機に、社内でどういう変化があったかということ。

ロゴのデザインを変えるだけなら、すぐできる。

たとえ、社長の気まぐれでもできる。

地元の企業さんなんかではよくあるケースなのだが…、

新しく名刺をつくりかえるときに、印刷業者さんに、

「このロゴ、前の印刷会社さんがつくってくれたみたいなんだけど、なんだかねえ…」

「なんか新しいの考えてみてよ」

本来はロゴについて考えはじめた時点から金額が発生するのだが、

その代金はタダだ。

お金にならないので適当に考えて、印刷して納品する。

その結果、名刺、封筒、看板、ホムペ、ユニフォームの全てのロゴが

別々のものだったり、バランスが変だったり、という事態がおきる。

業者さんも複数入っているから管理統一ができないのだ。

社員さんも「なんか変わったんだって~、へぇ~」といいつつ、

古い名刺を配っていたりする。

私はそんなやりとりを多く見てきた。

しかし、富士フィルムはどうなんだろう?

フイルム業界は下降線(?)とはいえ、医療や美容へも進出できる企業だ。

過去にも、日本の成長とともに、何度かロゴを変更してきた。

あれほどの企業がロゴを変えるということは

一体、なにが社内で起こっているのだろう?

とても気になるし、私の考え方が間違っているかどうかの

ヒントになると思っていた。

だから、聴いてみた。

(その結果は…のちほど書きます。)