▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

宇和島セミナー修了

2009年10月20日

昨日で宇和島でのセミナーが修了しました。

(宇和島港)

(宇和島港)

(まだ新しい会場でした)

(まだ新しい会場でした)

(休憩中です…)

(休憩中です…)

参加してくださった皆様、誠にありがとうございました。

全部で3回、毎週だったのでスケジュールの調整も
大変だったのではとおもいます。

参加者の方々も熱意ムンムンの方々ばかりで
こちらもそれに負けじと気合いを入れておりました。

最終日の昨日は
参加者間の活発な意見も出て、素晴らしい内容だったと思います。

(参加者さんの熱さにつられてチカラが入ります!)

(参加者さんの熱さにつられてチカラが入ります!)

いやー、
無事に終了してヨカッタです(ホッ!)

財団さんの事業なので失敗できないな~なんていう
プレッシャーもあったりして…(笑)

今回お伝えしたのは
【視点の切り替え方】です。

どうすれば顧客目線になることができるのか。

私を含めて、多くの経営者さんは苦手な部分です。

お客さんの目線になって、

・お客さんが求めていることを感じ取り
・お客さんを喜ばせるために
・安心してもらうために
・サプライズしてもらうために
・新しい価値を感じてもらうために

商売の次の一手を考える。

そのためには、日頃からのトレーニングが欠かせません。
一歩一歩の積み重ねです。

ときにはお客さんと直接対話したり、
自分がどこかのお客さんになってみたり。

静寂の時間をもってみたり、
少年少女時代のアルバムを広げてみたり。

儲けのネタという特効薬も存在するのかもしれません。
その特効薬ばかり飲んでいたら、だんだん効かなくなるばかりか
副作用がでます。

屋台のラーメン店が特効薬を使っているでしょうか?

お寿司屋さんが特効薬を飲んでいるでしょうか?

根強いファンのお客さんは
特効薬を欲しているでしょうか?

今日明日に倒産するのでないのなら、

いま居るお客さんの気持ちになって
一度考えてみることって大切だと思います。

おまけ☆

宇和島といえば、真珠とじゃこ天が有名なんですが、
私が好きなのは、「太刀巻き」です。

太刀魚を竹の棒に巻いて、炭火で照り焼きにして食べます。
激ウマ!です。
http://www.city.uwajima.ehime.jp/contents/7d62110925242ce/7d62110925242ce83.html