▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

大型店舗がとなりに出店。

2009年1月24日


大型ショッピングセンター(SC)が
すぐ近くに出店。えっ

テナントも多く入ってて、
全国チェーンの総合スポーツ用品店も
テナントに入っている。ガーン

一方、
SCの近くには
地元でずっとやってきたスポーツ店が。ショック!



これは、

脅威か、機会か?


SCのスポーツ店は
なんでも揃ってて

若くてフレッシュな店員が
かっこいいユニフォームを着て
爽快に働いている。

一方、
地元のスポーツ店は
昭和40年代に建てた店舗と
狭い駐車場、

おかみさんが店番をして
息子さんがサッカースパイクの修繕をしている。



お互いの弱み、

そして

強みはなにか?

こんなときに便利な
SWOTという分析方法があります。


私は4年前に
ITTSPの研修でこれを受けました。

でも、
なんのことかわからなかった。あせる

成績も最悪。
結局、たいしたものにはならなかったんですね。

ところが、
自分でいろいろやってみているうちに
難しく考えすぎていることがわかりました。

しかも、
第三者に一緒にやってみると
あら不思議!
おどろくほどよくわかりました。チョキ

ハナシをもとにもどしますね!

近くの大型SC出店を
脅威ととらえることもできますが、
機会と考えることもできます。

切り口を変えれば
割といいチャンスなんですよね。

どこを 
PRすればいいか
なんとなく見えてきませんか?

ニコニコ