▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

地方ならではの新商品発表会の様子!

2011年4月30日

『媛のおくりもの』がついに発売になりました!shine.gif

『媛のおくりもの』ギフトボックス

昨晩おこなわれた、
今治の新商品『媛のおくりもの』の発表会の様子です。

みなさまのおかげです、とご挨拶中。

正面から撮れと突っ込まれそう…笑

地元ラジオ局「バリバリ」のUSAさんとNANAさん。

一緒にデザインチームを組んだグリズリーデザインの美形姉弟。素晴らしいセンスの持ち主です

絵本作家の加納果林さんの原画展示も。ご本人もいらっしゃいましたが、緊張のため写真撮れず…ファンの方スミマセン!

この商品は、今治の農園と、地酒を扱う酒屋さんが出会って
一緒に商品をつくりあげたものです。

農商工連携事業にも採択されました。
注目の商品です。

私ワクタルの飯尾はデザイン戦略のディレクターとして
お手伝いをさせていただきました。

ビンゴゲームで司会したりしたから、
私のこと、きっとだれもデザイナーとは思っていないでしょうね(笑)

当日は、森のともだち農園(株式会社!)の森さん、
そして青野酒店の青野さんとご主人(利き酒獅!)が
軽快な司会で仕切られました。

手前から、森さん、青野さん、青野さんの旦那さん。だから正面から撮りなさいって!(笑)

参加人数は70人!
なかなか実現しない数字です。

お世話になった方々をお呼びしたそうなのですが、
結婚式か!という感じですね(笑)

しまなみ海道の来島海峡大橋のたもとにあるレストラン、
風のレストラン”さんでおこなわれました。

(注)これは準備中の写真です。あわただしい準備。

正面に見えるしまなみ海道の来島海峡大橋の日没後。こういう風景もいいですよね。

店内はとってもオシャレ、それでいてアットホーム。

野菜ソムリエの方も絶賛の料理。(僕も食べたかった~)

ここで注目したいのは、
この参加者の方々は主催者(=商品開発者)お二人の
コミュニティだということです。

都市部ならもっと別のスタイルでお披露目できるでしょうし、
不特定多数へのマーケティングもできると思います。

また、大企業さんなら別の商圏を狙うこともできるでしょう。

しかしここは今治市。
人口16万人で、島や山、海で人口は細かく分断されています。

ちなみに、愛媛県全部の人口は142万人です。
川崎市やさいたま市の人口と同じくらいですね。

人口16万人の土地で、いかに地元の方々に
応援していただくか。

都市部へ行きたい企業さんは多いのですが、
地元での評価をしっかり得ることも大切かと思います。

売上げだけではない、リアルな評価。
強引な営業活動の結果ではなく、
一つ一つの人としての繋がりをベースにした活動。

その活動を辞めないことが、
地方都市の中小企業さんには必要なんじゃないでしょうか。

お二人の活動を見ていて、
そんな思いを再認識しました。

最後はビンゴゲームと、食事券の争奪戦ジャンケンで盛り上がりました。

ほかの画像は、コチラにもすこしあります。
あわせてごらんください☆
ワクタルのアメブロ