▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

営業研修以外に学んだほうがいいこと

2012年3月29日

最近よく目にする機会が多いのが、営業研修です。
訪問先の企業さんでは「今日は営業研修があるので…」
なんていう話題がよく出ます。

どんな研修なんですか?と聞くと
ほぼ、「電話応対とか、挨拶とか…」と言われます。

新人が入社するじきだからでしょうか。
この時期は講師の先生はひっぱりだこですね。

さて、
その営業研修をついさっきまで
受けたという社員さんたちと一緒に
年間販売促進計画をたてる機会がありました。

会議中に市場調査が必要だってことになって、
じゃあお客さんに電話でヒアリングしようって
ことになりました。

さっき営業研修したから大丈夫だよね~と
みんな余裕の表情なんですが、
はたしてうまくいくでしょうか?

みなさんさっきまで割り箸くわえて
トレーニングしてますから(笑)、
さすがにいい発音です。

でもね、それができればヒアリングになるかっていうと
そうじゃないことは
これを読んでるみなさんもご承知のとおりです。

「お答えいただき、ありがとうございました!」と
笑顔で電話を切るスタッフさん。

私:「で、なにがわかったんですか?」と私。

スタッフ:「お客さんはA商品を買っていました。」

私:「なぜA商品を買ったんでしょう?」

スタッフ:「もう一回聞きます」

私:「ほかに検討していた商品がなかったかも
聞いてくださいね。それと、使い道も。あと、
使い勝手や使用感についても聞きだしてくださいね~」

スタッフ:「自信ないです」

私:「じゃあ、ロールプレイングしましょう」

スタッフ:「はずかしいですぅ~」(汗)

せっかく営業研修で習った笑顔や発音も
これでは活かせないですね。

接客接遇やコーチングも大切かと思いますが、
顧客とのビジネスコミュニケーションも
学んでおく必要がありそうです。