▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

内蔵HD増設。

2010年11月16日

アプリケーションのクラッシュやHDの昇天に備えて
内蔵HDDの増設しました。

いやー、簡単。
サクサク認識してる。

こりゃええわい!

困ったのはグラフィックボードが邪魔で
なるべく上の方に設置したかったんだけど
中段になったことくらいか。

しかしこんなに簡単なら
自作パソコンを作りたくなるなぁ。

でかいケースで拡張性をもたせて
CPUクーラーつけて静音化するのもいいな、なんて
妄想もふくらむってもんだ。

そんなこんなしてたら電話。
友人のデザイナー。

G5が壊れたんだと!
あ~あ、G5は電源部が弱いのと
修理部品の供給が止まってるから
もしかしたらタダの箱になっちまったか?!

とりあえず、裸族のお立ち台を購入して
HDのデータをバックアップ取るべし。

ご愁傷様です。。。

デザイナーならハードな作業の継続時間が多いはず。
パソコンが壊れるというリスクをちゃんと軽減できるようにしとかなければ
復旧に時間がかかると仕事が止まってしまいます。

僕はこの夏から
長年使ったMacからWindowsへ乗り換えたんですが
これもリスクヘッジのためです。

長年使ったマック君からウインドウズへ乗り換えるのは
正直大変でした。

身体が慣れない!
12年は使ったマックからいきなり乗り換えですからね。

コマンドキーが無い!
書体が選びにくい!!(これはいまでも改善せず…涙)

マックはモノクロのクラッシックに出会ったのが最初。
それまでは活字を組んだり、
写植文字時代には暗室で
文字のツメ具合でオペレーターとケンカしたり(笑)

そのあとは1000桁のよくわからない機種を経て
パワーPCの登場に興奮し、
初代iMacに衝撃を受けて
G3、G4、G5に。

しかし、G53年目の故障でついに乗り換えを決意。
これまでどんだけ壊れてきたんじゃ!アップルよ?!

スティーブ・ジョブスが
「フフフ、アップル製品には時限爆弾が仕掛けられているのだよ」と
言ったような、言わないような。(爆)

ウインドウズは壊れてもパーツ単位で交換が可能なのと
アフターパーツが多いので復旧もラク。

使い易さでは直感的に作業できるMacにかなり分があるけど
リスクの低さはWindowsかな。

OSのバージョンアップしたら弊害が出るMacに比べて
XP時代のソフトも動くWindowsは便利。

どっちも一長一短だし、いまでもマックは好き。
デザインがなんといってもイイし、クリエイティブ!

でもリスク内包は耐えられない!!!!!

いまiPhone使ってるけど
これもいつ壊れるかもしれないので
アンドロイドに乗り換える予定です。