▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

健康博覧会2010へ出展します

2010年3月13日

東京ビッグサイト出展のお知らせです。

昨年から私がアドバイザーを務めさせていただいております、
財団法人えひめ産業振興財団の
「ユーザー参加型によるユニバーサルデザイン衣料開発研究部会」が、

ユニバーサルデザインの試作品衣料の展示発表を、
東京ビッグサイトで行われる「健康博覧会2010」にて行います。

1年間の研究成果を出展し、価値を世の中に問うてみる私たちの試みを
ぜひご覧いただきたく存じます。

——————————————–
◆健康博覧会2010◆
東京ビッグサイト東4・5・6ホール
2010年 3月17日(水)、18日(木)、19日(金)
ウェブページ http://www.this.ne.jp/

出展:株式会社マルオカ、株式会社アパレル・ヨシダ、
財団法えひめ産業振興財団
協力:愛媛県産業技術研究所、愛媛県繊維産業技術センター、
宇和島市社会福祉協議会、WAKTAL

※期間中は当方も会場に居ります。
——————————————–

思えば1年前、前年度(2008年)に着手したこの事業を
引き継ぐカタチでお話をいただいたのですが、

事業内容を整理して、コンセプトを再構築するところから
はじめました。

サンプル製作を一旦おいておいて、
自分たちにはどんな魅力があって、どんな価値があるのか?
それをひたすら探していきました。

毎回毎回、必死に食らいついてくださる参加企業さんの熱意に
押されるように、私も派遣されている専門家としての立場から
さらに踏み込んで、一緒になって考えました。

その結果、なんとか出展にこぎ着けることができました☆

「輝くシニアの元気服」

機能低下の悩みを持つシニアの声を集めて、
それに応えるカタチで発展させた、
着ると元気になってお出かけしたくなる服です。

オシャレでありつつも、部屋着からラジオ体操、リハビリまで
これ一着でもできるのがウリです。

ポスターの写真を見てください!
なんて明るい、元気な写真なんでしょう!

ポーズを決めて写っているのは、
株式会社ラ・ファインド(株式会社丸岡)の社長さんと
株式会社アパレル・ヨシダの社長さんです。

もちろんモデルははじめて!
そう見えないでしょう?
撮影現場がいかに楽しかったか!

これを撮っていただいたカメラマン、そしてデザイナーの方は
女性なのですが、独特の柔らかさを引き出してくれました。
ありがとうです☆

このポスターはチラシもあって、主にそちらを関係各所に配っています。
すると、いろんな反応がありました。

配ってから、両社の取引先から

「あの写真から元気をもらった!」
「面白いことやるんだね!」
「組合玄関に貼ったよ」

「会場まで見に行くからね!」

という電話がすでに50本以上(!)かかってきているそうです。
いやぁ、そんなことが起きるんですね!

普段から、業者さんといいおつきあいをされている証拠だと思います。

両社の目標は、この衣料を通して
日本のシニアを元気にすることなんです。

シニアの元気は日本の元気!

昨日の打ち合わせでは、お二人の社長さんがお互いに
「あなたに出会えて嬉しいわ、ありがとう」の言葉を交換していました。

感謝の言葉が溢れるのが、なによりも素晴らしいことだと思います。
(必然的に偶然が起きる、フローが起こっています。)

さて、来週から出展です。
商品が売れてからがスタートです。

そういう意味では、私たちはまだスタートを切っていないんです。

前年度にこの事業に尽力された方々のためにも、
喜ぶのはもうおしまいにして、現地では楽しんでこようと思います☆

みなさん、ぜひ応援してくださいネ!