▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

今治お土産スイーツコンテスト決勝が終了。

2012年1月17日

去る1月15日(日)は、
今治お土産スイーツコンテスト決勝でした。

今治市内のお菓子業者さんが10社あつまって、
昨年の1次審査を通過した作品の中から上位5品を選ぶ。
そんなコンテストでした。

当日は特別審査員に柿沢安耶さんをお迎え、
そして、地元の議員さんや有力者の方もお呼びして
なかなか豪華なコンテストになりました。

じばさんホールを締め切っての審査は
地元の有名な女性(元しまなみ大使)の司会も手伝って
とても熱気にあふれたものになりました。

参加企業の方々も新しいチャレンジでした。
結果的に順位はついてしまいましたが、
どれも魅力的な作品ばかりでした。

その証拠に、点数は似通っており、
団子状態の接戦でした!

順位をつけるのが本当に辛かったのですが、
100余人の審査員の点数どおりに上位から選んでいきました。

本当にレベルの高い作品ばかりでした。

上位5作品は、2月上旬の東京の展示会に出展します。
そこで展示・商談を行いますが、

惜しくも上位に入らなかった作品もあわせて
全部の10作品を、今治特産お土産品「ごっつぉーら」に認定しました。

今後2年間は「ごっつぉーら」として10作品をPRしていきます。

私は2年前より、この事業に専門家として関わらせていただいています。
当初は3人居た専門家ですが、2年目から私1人となり、
かなりのプレッシャーでした。

思えばこの一年間いろいろと準備してきて、
途中では泣きそうになったことも。

でも、辛い時はいつもまわりの方々に助けられました。
そうなんです、いつも助けてもらったんです!

影でご尽力くださった事務局の方々にはいつも助けてもらいました。

また共催の今治市役所の方々には本当にお世話になりました。
特に、今治市役所の商工労政課の方々の熱心さと根性には敬服します!

また、参加事業者の方にも助けていただきましたし、
いろいろとお願いしている業者さんにも助けられました。

そうです、これがチームワークなんですね。
そのことを改めて実感できました。

ひとりひとりの力やアイデアは、所詮1人のものですが、
その力が合わさり、ベクトルが揃うと大きな推進力が生まれます。

コンテストの審査用紙を会場で回収するときに、
黄色いスタッフがインカムで声を掛け合って、
審査員席の片側にずらりと整列しました。

私はそれを壇上で見ていたのですが、
感動しました!

だって、実は回収方法は特に決めておらず、
即興でみなさん、一瞬で整列されたんですよ!

それも10人以上が!
その整列して並んだ姿の凛々しいこと!!

ああ、こんなことができるスタッフさんとご一緒できて
本当にありがたいなぁと思いました。

私は結果的にこの事業を牽引する専門家の役目をいただきましたが、
私は縁の下の立場です。

地元の方々にライトの当たる、そんな決勝大会になって
本当に良かったと思っています。

まだこれから、東京出店と報告書の準備、来年の申請など
仕事は山積みですが、年度末まで
がんばって走りたいと思います。

関係者の方々、この度は本当にありがとうございました。
のこりあと少し、全力でぶつかりましょう!

当日の様子と結果は以下のページにて
ごっつぉーら公式ブログ
http://ameblo.jp/gozzo-la/

今治の熱血漢「ツバッキーの今治探訪記
http://tsubakky.exblog.jp/17620448/