▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

世界を塗り替えるNPO!

2009年6月20日

私も大変お世話になっている、
今治じばさんセンター、IBIC。

そこでの講演に
いま、世界を変えるキーマンとして紹介されている
NPO法人フローレンスの駒崎さんが来てくださいました。
http://www.florence.or.jp/

いろんなお話が聴けて
すばらしい時間でした。

中には、鳥取から来られた方も!

そんな駒崎さんの取り組みを聴いて
とっても深い学びがありました。

NPO団体の問題点と

それを解決するための取り組み。



NPOのありかたと

一般企業のこれからのあり方の関係。



ステークホルダーマネジメントと

共感的組織の育成など。

う~~~ん、
とっても勉強になりました!!



なにが勉強かって、
NPOの成長にデザインを戦略的に生かせるって


ことですよ音譜音譜

ソーシャルビジネスというより、
ソーシャルベンチャー。

数ヶ月前に、
NPOのデザイン面での支援をしようとしていたとき、

企業の都合も考えて行動していたら、
“飯尾さんは動機が不純ですよ!!”と
指摘されました。

でも、
駒崎さんの話を聴いた今なら
“いや、私は間違っていません”と
言えます。

NPOが
本来のミッションを失って

仲良し倶楽部に転落し、
ノン・ポリティカル・オーディエンス(NPO)に
ならないために大切なことが
よくわかりました。

素晴らしい勇気を与えてくださった駒崎さん、
そして今治じばさんセンター、IBICさんに感謝です。ラブラブ!

追加:
実はそのあと、いつもの焼き鳥屋さんで
駒崎さんと席をご一緒しました。

一緒に撮った写真は…
あまりにもハジケすぎているために
フローレンスさんへのインパクトを考え
掲載を自粛しました…ガーン

せっかく撮ったのに、
ごめんなさい・・・