▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ポジティブに避ける。

2012年7月30日

満足できる結果が出ない場所、

それは、
お互いの相関関係のみの組織が存在する場所。

ヨコ連携が無く、
縦の繋がりしか無く、
その縦の繋がりも実は薄い。

お互いの信頼は最小限で、
業務命令が履行されなくてもうやむやで済むことも。

部下は「あの課長とは合わない」、と漏らし、
幹部は「役に立たない連中ばかり」と嘆く。

そういう組織と仕事をしないといけない状況になると
こちらもいつしか飲み込まれ、

愚痴を聞いてるうちはまだいい。
やがてお互いの調整に時間をとられ、
水面下での交渉ごとにさらに時間をとられ、

そしてなにか起きたときには
矛先がこちらに向いてくる。

向こうは組織。
こちらは外部。

深刻な被害を被るのは外部だ。

私はこのような経験から、シンプルに学んだ。

いちばんのポジティブな解決法は、
「一緒に仕事をしないこと」だ。

途中で退席するのは難しい。
あとで気付いて後悔しても、
それはこちらが匂いをかぎ分けれなかったこと。
あるいは決断できなかったということ。

それよりは、
その仕事に求めず、
自分を必要としてくれる相手に精一杯の情熱を傾ける。

目の前に危険な匂いを感じたら、
ポジティブに避けるべきだ。

進むべき道は別にある。