▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ホムペの再構築が必要だ…

2010年10月13日

最近、やってる内容がすこしづつ変化してきたので
ホームページやりかえないといけない状況に。

違うなと思ったら即行動!
でも、その即行動が、じぶんのことはあとまわしに…。

だれかやって!と思うんですけど、
なかなかそうもいかないんですね。

自社の事業は定期的に見直しをかけなくてはいけないですね。

ひとりSWOT分析をクロスさせてみたり、
CSF(絶対的成功要因)を見直したり…。

通常の経営計画って、
ビジョンを立てて、内部環境、外部環境と進めていきますよね。

そしてそこから
内容をブレイクダウンして、
フレームワークに当てはめて検討して
持続可能な計画を練っていきます。

経営者さんは
それらを経験とカンで把握している場合が多いです。

さすが経営者さん!なのですが、
まれにハズれることがあります。

個人経営ならそれでもいいのですが、
従業員が20人を超えてくると
事業も大きいので失敗のダメージは大きいです。

だから、内部を正確に把握したり、
外部の動向やベストプラクティスを把握する作業が必要になります。

売価10000円、しらべてみたら敵だらけ。
新商品、新市場では返り討ち。

よくある話です。

一段落したら
じっくり自分のことを見直しをかけます。
2日くらい温泉に籠もろうかな?

年内にその時間が取れたらいいと思ってます。