▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

フォトリーディングと自然黙想の共通点

2009年11月15日

車の移動中に、

神田正典さんのテープを聴いていました。

そこでは、星の動きとビジネスのことについての

対談が行われていました。

テープの中で、フォトリーディングのプロセスと

目を開けたままの瞑想が似ていると語られているのですが、

これについて私も思い当たる節がありました。

それは、

自然の中での黙想です。

すこし前に私が「じぶんさがし部」として

みんなで黙想体験会を行っていたときの状態です。

(いまは訳あって休部しています。

いまの私の力では集まってくる力に対応できないのが理由です。。。)

「じぶんさがし部」の黙想は目をあけたままで行います。

そして、自然の中で起こる出来事を見ます。

なにが起こったかを感じとります。

そして、それらの現象を感じている自分を感じます。

上級者になると、

その感じている自分をさらに外の階層から眺めたり、

空から俯瞰的に見ることができます。

そうしているうちに、

自然界の中に蓄積されている不変の真理に触れ、

思いもしなかった気づきをもらうことができます。

このプロセスは、フォトリーディングと

共通点があるなあって思います。

と、いうことは、

フォトリーディングなり、ほかの似たようなプロセスを経ることは

次の時代に繋がるのかもしれないな、と感じています。

無理してでも、静寂の時間やなにもしない時間を取ることが

2012年以降の時代の大きな変化に繋がると

私は確信しています。

そう感じている方々が

日本の中でも沢山、

いや、

世界のほうがはるかにそういった分野に秀でていると

思っています。