▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザイン的な思考

2012年6月26日

デザイン的な思考法というのは
私が最終的に目指しているところであり、
最近は書籍でも頻繁に登場するようになりました。

私の考えるデザイン的な思考とは、
新しいものを産み出すための方法そのものを
デザイン(再構築・改良)する、ということです。

過去の成功例や一般論を理解したうえで
いかのその制約を超えて物事を考えるか、です。

これから起業する方にとって、
だれかがすでにやっていることや、
すでにある商品で勝負することは
それそのものがリスクであると思われます。

すこしでもいいので、
これまでに無いなにか、あるいはちょっとでも新しい付加価値を
創造していくことが必要です。

私は手始めに、
イメージしてもらうことを勧めています。

どういう状態になればいいのかを
できるだけ具体的にイメージしてもらいます。

時には絵を描いてもらいます。
(お仕事の場合はこちらで絵を描きます。)

そういう視点からものごとを見れば
これまでに破れなかった壁を破ることができるようになるのです。

決して、なにかセンスのいいものをかっこよくつくる人の考え方が
デザイン思考というわけではなくて、

全体的なプロセスの中にあって、
新しい価値を創造していくプロセスそのものをデザインするのが
デザイン思考だと考えています。