▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザインマネジメント

2012年4月10日

デザイン・マネジメントというのを
ご存じでしょうか?

企業の経営において、デザインを
活用することはもはや必須ですし、
そこには戦略が必ず存在しています。

企業のイメージを高めるのもデザインですし、
商品や情報の価値を高めるのもデザインです。

日経のサイト(ITpro)にこんな記事がありました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20070202/260426/
(以下引用)———————-
 ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正会長兼社長は,あるビジネス雑誌で「商品の品質開発に力を入れずにパッケージや広告にばかり力を入れるのは,経営者として失格である」とおっしゃっています。その通りだと私も思います。当然ですね。しかし,さらに言えば「商品の品質開発ばかりに力を入れて,パッケージや広告に力を入れない経営者も失格である」とも思うのです。つまり,両方に力を入れる企業が伸びていく,という時代ではないでしょうか。
———————–(引用おわり)

この記事では、デザイン・マネジメントについて書かれています。
まだまだ日本でデザインマネジメントという概念は
浸透しているとはいえない状況のようです。

そんな中、平成21年には
日本デザインマネジメント協会という団体が発足しました。
http://www.design-management.or.jp/index.html

先の日経の記事にもあるように、
これからは経営がわかるデザイナーが必要であり、
経営者とデザイナーが共通言語を持つ必要があると
締めくくられています。

私が目指すのはまさしくここだな、
と思いました。

経営に携わるITコーディネータの資格を取得したのも
間違いではなかったと思っています。

マーケティングの手法だけでは
うまくいかなくなってきている今、

高付加価値をつけるには
デザインと商品力、

あるいはデザインと経営と
いってもいいと思いますが

両方が近づき合うことが必要ですね。

単にデザインするだけではなく、
もっと大きな視点から
デザイン戦略全体をメネジメントしていく。

そんな舞台が広がる時代にそなえて
一歩一歩歩いていきたいと思います。