▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザインの意味

2013年5月21日

デザインって、
「表面を飾り立てることで美しくみせること」
と解釈されがちですが、

問題を解決するために考えを構成して、
それを表現することです。

これを経営に置きかえると、
経営課題の解決のために考え方を構成して、
それを見えるように表現する、ということですね。

しかもその“表現”というのは視覚的なものだけにとどまりません。
かたちにならないもの、たとえば体験することも表現です。

経営=デザインといえば、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、
そのくらいの心意気で取り組みたいと思います。

“デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。”
(参照:wikipedia)