▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

文字の美しさに気を配る

2011年9月24日

デザインにもいろいろあるけれど
商業デザインの世界でなんとかやって18年になる。

アシスタント時代はまだマックなどなく、写植全盛だった。
だから発注前に必死で文字組を考えたものだ。

もし間違えば地獄の段組作業だ。
一字ずつカッターで切り離し、割り付けていく。

行間を開けたり詰めたりもやった。

しかし、その経験がいま役だっている。
文字の美しさをシビアに見れるのは、
当時の苦労のおかげかもしれない。

フォントの選び方はもちろんだが、
文字の大きさ、行間、字と字の間隔は
ちょっとしたことなのでけど、すぐにわかる。

そして読み手のほうが、実
は潜在意識で解っている。

高級感があるとか、無いとか。
信頼感があるとか、無いとか。
読みやすいかどうか。
無意識にみんな感じてる。

それを理解せずに妙な書体をチョイスしたり、
自分のつくった文字組に注意を払わないデザイナーは
残念ながら素人以下だ。

文字の美しさは、情報の発信元のブランドにも
関係があることを理解すべきだ。

下の文字は試しに組んでみたものだ。

①は変わった書体を使ったもの。
印刷屋さん系列のデザイナー(実はオペレーター)がよく使う。
結論から言って読みにくいだけでマイナス効果である。

②はおとなしく明朝を使っているが、字間がバラバラ。
間延びして説得力が無い。

③は字間をツメたもの。
単に詰めただけでなく、バランスが良いように微妙に字間を変えている。

明朝なのですこし弱い印象だが、
それが繊細さのあるデザインコレクションを想像させる。
ゆとり時間のある女性層がターゲットだ。

長い本文など、すべての文字を詰めることは不可能だが、
せめてタイトルまわりや、目立つところくらいは手を入れたい。

なにも高度なことではない。
基本である。

基本があるから、クリエイティブが活きる。
気が配れるから、信頼される。

こういったことが出来ない自称デザイナーさんを見ると、
“頭使ってないな” と思ってしまう。

仕事ではなく、作業と化しているわけだ。
これ、実に多い。

突飛なアイデアや報酬のことを云々言う前に
基礎体力をつけてはいかがかと思う。