▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザインに量が必要か?!

2008年5月12日

グラスのデザイン決めのプレゼン。

デザインパターンをグラスに印刷するのだが、
様々なパターンを50種類程度製作した。

パターン(模様)をデザインするときは、
種類を沢山つくるときがある。
(デザインの予算にもよるが…)

模様を構成している柄のパーツが、すこし大きさが違うだけで
ずいぶんと印象が変わってくる。

だから、同じ柄でもすこしづつ変えて
バランスのいいものを選ぶ。

ここまで沢山つくると手間と労力もかかる。
それはデザイン費用に反映される。

ただ、中途半端なまま世に出して、それが各家庭で使われ、
ひょっとすると次の世代まで使う…となると
ある程度は煮詰めておかないと、結局は回り回って帰ってきてしまう。

パターンのデザインはとても時間のかかり、かつデリケートだ。
それだけに、そのパターンが世に出るときには感慨深い。