▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザインとキャリアコンサルティングの関係

2008年11月27日


今日明日は松山で
キャリアコンサルティングの研修。
(私が講師登録している、
愛媛県職業能力開発協会の研修
です)


…2日間缶詰です。

こういう研修の緊張感って、
ちょっと心地よかったりします。
(マゾ?笑。)

自己紹介で「デザイナー」という肩書きを言うと
「なんで?」みたいな反応されそうでしょ?

でも、みなさん「へぇ~面白い!」と
言ってくれます。
デザイナーが研修?
ディレクターがキャリアカウンセリング?
ははは(笑)

研修の中心は、
CADS と CADI

これはどこの事業所や
個人でも即使えます。

ほかにもカタチを変えれば、
いろいろと応用ができそうです。
もちろん、キャリアカウンセリングなどと
併用が理想的です。

ワクタルは感性の販促デザインが専門なのですが、
店舗デザインや販促デザインコンサルティングの際に
キャリアカウンセリングの知識を応用したくて、
今回の研修に参加してます。

キャリアコンサルタンントさんや、
職能コンサルタントさん、
社会保険労務士さんや、
産業カウンセラーさん、
ほかにも沢山の参加者がいらっしゃいました。

こういうジャンルって、
デザインやアートの世界とは
あまり関わりがありませんでしょ?

でも、クライアントさんは
マーケティングされる際にも
その仕事を使って、社内でキャリア育成に
取り組んでいたりします。

以外なところでリンクしてるんです。

私も過去には会社員でしたから、
従業員さんの気持ちがよくわかります。

閉塞感、無力感、無価値感。
そういった中で家族ともども
苦労してるんです。

すこしでも希望をもってもらいたい。

…デザインも希望です。
心身ともに、その時代にあった
充実したくらしを送るために、
デザインは、わたしたちの
将来の希望の光なんです。

明日もがんばってきまーす。
学んだことは私の芸(=仕事)で
皆様に愉しんでいただきたく存じます~☆