▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザイナーはラフを描く。

2008年9月25日

「デザイナーはパソコンが使えてすごいですよね~」
「レイアウトや配色が上手ですよね~」
って言われることがあります。

これ、料理人に例えると、

「シェフってコンロが使えてすごいですよね~」
「味付けや盛りつけが上手ですよね~」
ってことでしょうか(笑)


デザイナーはラフを描きます。
こういうかんじで、ここにこんなたぐいのものを入れて…などど
頭の中にある絵を紙にうつしとっていきます。

こういうアナログな作業が一番直感的で、クリエイティブです。
デザイナーなら多かれ少なかれ、こういうものを描いていると思います。

クライアントさんに見せる場合もあるし、見せない場合もありますが、
この作業のおかげで、それはこういうことなんでしょう?と確認をとれたり、
クライアントさんにしてみれば、「ああ、そういうことか」ってわかったりします。

また、チーム編成して作業しますから、
デザイナーさんやカメラマンさんとも話が早く進みます。

時間も労力もかかるので、仕事が発生してからしか描けません。
ちょっと描いてみてよ、と言われて描けるものではないんです~

それでも私の場合、これを描いている時間がいちばん安らげる時間なんです(笑)
最終的にラフのとおり仕上がることは希なんですけど…ネ (;^_^A