▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

デザイナーの販売管理は難しい?

2012年3月30日

昨日からけっこうな時間をかけて
販売管理ソフトの内容を変更しています。

自分の仕事がどのくらいの利益を生んでいるのか
正確に把握しないと
自分の時給も出ないなんてことになりますからね。

デザインの内容って、ワクタルはあまり絞っていなかったので
様々な内容がありました。

印刷物からはじまってパッケージやWEB,
店舗の外装や車の装飾、あるいは布製品まで…。

いろいろやってたから
施工会社さんや製造加工業さんの中身にも詳しくなったけど

いろいろな内容のデザイン~ディレクションに加えて
発注業務なんかをこなすのは大変…

その上にコンサルティングやマネジメントの仕事で
プロジェクトを牽引していくのは
正直パンク状態でした。

そこでふと考えたら、
自分の時給ってどのくらい?ってこと。

計算してみたらとんでもなく安い結果に…汗

これには恥ずかしながら焦りましたね…
なので、改めて猛勉強しました。

限界利益、経常利益、固定費、変動費…う~ん
おかげでいろいろな自分とこの反省点も浮き彫りになりまして…

というか、デザイナーって限界利益=自分の取り分という
一見するとオイシイ感覚がありまして…汗

それに甘んじていたら、経常利益があまり出ていないという
恐ろしい結果に…

ただ、個人事業ですから、
正確な自分の時給ってのは出しにくいですね。

営業なのか雑談なのかわからない時間帯ってあるし、
デザインを考えている時間も、それをどこまで作業時間と見なすか…

社員さんがいたら、労務単価や労働分配率とか見るだろうけど
社長のそれ出すのって難しいだろうなぁ

というわけで、
せめてデザインの種類ごとにコードを割り振って
管理することにしました。

自分のSWOT分析とPPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)の
結果から絞るべき業務内容は出ているので
あとは数字を見ていくのですが、

はたしてどうなることやら?!