▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ケーブルテレビ局の屋上カメラからは…

2008年6月6日

昨日おじゃました地元ケーブルテレビ局で、
そこに導入されたばかりの屋上カメラの映像を見せていただいた。

手元のスイッチで屋上のカメラが遠隔操作できる。
室内のモニタには地元風景の遠景が映っていた。

これで、付近の気象状況などもリアルタイムに伝えれるようになるそうだ。

先日提案させていただいていた、アナウンサーが座るスタジオ内パネルだが、
今回、そのパネルの背景に、屋上カメラからの遠景をクロマキーで合成することになる。

遠景といっても、あくまで背景として映して、観ても観なくてもいいくらいに合成する予定。

スタジオ内パネルの色味については、いまアナウンサーの意見を集めてもらっている。
無理な色味もあるのだが、一度は意見を聞くというプロセスにしてみた。

デザインは凝ったものにはならなかったのだが、
それでもどんな絵になるのか楽しみだ。

企画についても担当の方とお話したのだが、
この方、面白い構想をお持ち。

予算のこともあるのだろうが、そういうものからハズれたら
きっと相当に面白い絵を創られるのだろうと思った。