▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

キーボードのこだわり。

2010年9月20日

先日、Windows7にMacから移行したんだけど、
その際にはキーボードも新しくなるってこと。

最近は文書を書くことが多くなったから、
キーボードの善し悪しは仕事の進み具合に影響するんだよね。

だからって、1台に数万もかけれるほど
キーボードを使い倒すほどでもない。

つまり、
コストパフォーマンス重視ってわけね(笑)

キーボードを選ぶときの条件は以下。
1.ホワイトキーボード
2.パンタグラフ式でノートパソコンに近いタッチ
3.キーストロークが短いこと
4.文字がはっきり読めること

これをパスしてるってことが条件。


これはMacで使ってたキーボード。
キータッチが浅いのがヨカッタ!
黄ばむのが難点だな~


これは、スタイリッシュだってことで買ったコンパクトタイプ。
たしかにデザインは見た目イイが、タッチがブヨブヨ。
しかも、キー表示にオシャレな書体使ってるから視認性悪し!
本末転倒の好事例だ、こりゃ!
3時間でお役ご免となりました。


これはファンクションキーが左についているタイプ。
ちゃんと家電店で試し打ちしたのに、
家で打ってみると、残念ながらキータッチが深い。
アレ?こんなはずでは…?!
書体は細くてみえにくい上に、薄いグレーの印刷。ありえん!
これで入力しているとモッサリと時間かかるから
2時間でお役ご免。


3台目にしてやっと出会ったキーボード。
コレだ!
キータッチが浅くて疲れない。
ブヨブヨもしてなくて、打ってて気持ちがいい。
たまにキーの端っこを押すと認識されないけど、
価格を考えれば無理もないか。(3500エンくらい)
文字の表記も、普通だけどそれがいい。
視認性高し!
基本に忠実、かわったとこ無いけど優等生。
(しかもリーズナブル!)
こういう商品こそ評価されていいのだ!!

偶然にも、前と同じバッファロー製。
これで文書書くと、考えることに集中できますよ!

もれにしても、使わない新しいキーボードが2個。
Macの純正とかも含めるとかなりあるんだけど。。。

手は2本しか無いのに。
どうしよっかな…

もったいないことしてるなぁ…アセ