▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ガバナンス

2011年6月1日

ガバナンスっていう言葉、もう普通に言われるようになってますね。

「我が社のガバナンスはどうなっているんだ?」
「ガバナンスのゆるみから人災を引き起こす」

そんな使われかたをしますね。

ガバナンスって何か?
単純に言えば、
組織や団体が法律を守りながら健全に統治され運営されること。

早い話が、うまくやるために、やるべきことを守って、ちゃんとやること。
簡単すぎる?笑

ということでネットで検索すると
こんな表記がありました。

-----------------------------------
これを受けて経営学などでは、“コーポレートガバナンス” という語が使われる。これは、株主による経営者の監視という意味で使われることが多いが、もう1つの視点として、企業というものをそこに利害を有する多く の利害関係者(株主、経営者、従業員、取引先、取引銀行など)から成る集合体ととらえ、それら利害関係者の相互作用により、企業活動が調整・規律付けされ るシステムという“ガバナンス”本来的な意味でも使われる。
(IT情報マネジメント より抜粋)
-----------------------------------

でね、これって高度なことのように聞こえるけど、
私たちの日常にも言えることです。

ガバナンスの範囲はとても広いですし、
すぐに整備できるものでもありません。

しかし、規模が小さいうちに整備しておくことは
とても重要だと思います。

たとえ自分一人の会社だとしても
行動指針の明確化や、情報セキュリティの見直しくらいは
しておいたほうがいいと思います。