▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

カルテNo.9 離れて見て営業中だとわかるか?

2011年4月22日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今すぐチェック!【 店舗販促の診断カルテ】カルテNo.9 ///////////
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
【 店舗PRの診断カルテ】の飯尾です。

いつも読んでいただいてありがとうございます!

これからだんだんと日差しが強くなってきますね。

日差しが強くなると、陰の色も濃くなります。

つまり、店内も暗く感じるのです。

暗い店内のお店を見るとどう感じますか?

「営業してんのかな?」 「今日休みなの??」

いえいえ、営業してるんですけど…?!

そこで今回は『離れて見て営業中だとわかるか?』です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カルテNo.9………

■離れて見て営業中だとわかるか?■

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さきほども書きましたが、

暗い店内のお店は営業しているのかどうかがわかりにくいですよね。

そのうえ、お客さんが入っていないお店には入りたいとは思いません。

まず、離れてお店を見てみましょう。

店内の明るさはどうですか?

 

・店内が見えない

・どんより暗い

・照明がない

・奥のほうがすこしだけ明るい

 

いかがですか?

開店休業状態に見えませんか?

休んでいるのか開いているのかわからないお店には

お客は入りたくありません。

新規のお客さんはまず来ないでしょう。

 

おそらくあなたは、新規客の獲得も大切だとお考えですね?

そういう方は、固定客に対する満足度の向上もお考えのことでしょう。

そういった場合は、まず照明を点しましょう。

店内を明るくすれば営業中だと思ってもらえます。

店内の照明が蛍光灯だけの場合は

蛍光灯の本数を増やすなどしましょう。

また、高級感を必要とするお店では

暗い店内の中に効果的に照明を追加します。

スポットライトを使ったり、間接照明で壁面などを照らします。

すると、暗い中に明るい光が見えるので、かえって目立つようになります。

ただし、暗いお店に照明を入れることは、客層を考えてからにしましょう。

いきなり高級化路線になってしまったら、これまでのあなたのお店のファンが

とまどってしまいます。

「いったいどうしたんだ?」

「もう私たち庶民は相手にしないということか?」

固定客の流出が怖いことは、すでにご存じですよね??

営業中ということをアピールしたい場合によくやってしまうことがあります。

 

・営業中という看板を出す

・目立つライト(パトランプ)などを点灯する

・のぼりを立てる(閉店後も立てっぱなし…)

 

のぼりを立てるのはOKなんですが、料亭ののれんと同じで

閉店後は片付けてください。

マメに出し入れするのがいいでしょう。

ただ、にぎやかさの演出のためにすでにのぼりを立てている場合には使えません。

 

ここでちょっとマメ知識:

店内照明のコツ…

店内の明るさを★で表します。

店内平均…★

店頭…★★★★

店先…★★

棚……★★

店奥…★★★

おわかりですか?

 

店頭は外からも見えますから、平均的な明るさよりも3〜4倍にしているんです。

お店や客層に合った照明を工夫してみてくださいね!

 

★【 店舗PRの診断カルテ】カルテNo.9  〜おわり〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆【 店舗PRの診断カルテ】編集後記☆

照明って大切ですよね。

最近は暗めの店内が多くなってきましたから、

デリケートな照明のコントロールが必要です。

先日の夜、妻とレストランへ行きました。

でも、店内が明るいんです。

お酒も飲んだのですが、なんとなく落ち着けなくて…

もうすこし暗ければゆったりと食事できたと思います。

料理は美味しかったんですけど。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●今すぐチェック!【 店舗PRの診断カルテ 】

発行元 ……………… WAKTAL (ワクタル)
発行責任者 ………… 飯尾 わたる

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

All rights reserved. Copyright(C) WAKTAL. Wataru Iio.