▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

カフェ。若い人がやってたり。

2008年6月29日

とある方(Hさん)からセミナーにお誘いいただき、岡山へ。
愉しい時間を過ごさせていただきました。

また、会場ではキャリアコンサルの方も紹介していただき、
デザインとマネジメントのお話などで盛り上がりました。
今後、ワークショップなどでご一緒にお仕事できそうな予感がしました。

さて、その後別件の打ち合わせで岡山西口、奉還町商店街へ。
大政奉還のときの名前がそのまま残っている商店街で、
ひとつ路地を入れば、生活のあじわいが残っている、いい商店街です。

私は昔、大阪の門真っていうところに住んでまして、
いわゆる文化住宅の中に部屋がありました。

だから、生活が剥き出しの路地なんかは大好きです。
文化住宅も、いい趣のあるものも多くて、暮らしてる人も風情があったような。

そこの中の1件のカフェでしばし打ち合わせ。
とてもいいカフェでした。

気合いが入りすぎないカフェはいいですね。
古器ソーサーや、古具のソファ、そしてどこか学生っぽい香り。

ここではワッフルとアーモンドフレーバーコーヒーを注文。
しばらく歩いたあとで甘いものが欲しかったので、
とても美味しくいただきました。

あ、ここのワッフル、おいしいですネ!
店の雰囲気に似た食感でした。

お店はトータルで考えるもの。
間取りと味が合ってない、なんてことがよく起こります。

メニューの雰囲気とBGMが合ってない、
インテリアと店のロゴが合ってない…

そんなお店では不協和音が鳴ってるみたいで、早く帰りたくなります。
もしくは、それに耐えれるか感じないお客さんが集まります。

流行ってるカフェのオーナーさんは
このへんをよく心得ていらっしゃるなぁといつも感心します。

また行きたいですね、このカフェ。
私、カフェ好きです。