▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

オトナの工場見学。

2009年3月12日


オトナの工場見学へ行ってきましたよ~♪

といってもそんなツアーはありませんから、
自分たちで企画します。

そして自分たちだけで楽しみますにひひ

今回は、お箸界では超有名なNさんに
コーディネートをお願いいたしました。

とある割り箸の会社さん。

最近はマイ箸の登場ですっかり悪者(?)な扱いに
なっている様子の割り箸。

しかし、ワクタル的には、
割り箸は日本の文化だ!!という考えです。

割り箸=森林伐採なんてチープな考えは捨てて、
現実に目をむけてみる必要があります。

マイ箸は私たちの環境に対する気づきのひとつです。
そう正しく解釈しないと、
シーシェパードチックな考え方になっちゃいます。

だから、美しい国、日本国の民として
私は割り箸が大好きですニコニコ

WAKTAL

う~ん、美しい木の箸。
無着色無添加無漂白・・・。
自然そのものです。

箸からは木の香りがただよってきます。

WAKTAL

箸の材料。
徹底して管理されています。

WAKTAL

余すところのない材料ですが、
どうしても出てしまう切れ端などは
バイオ燃料になるのだそうです。
サスティナブル社会の実現に一役買ってます。

工場も見学しましたが、
とっても手間をかけて、大切に割り箸を作られていました。

こんなの見たら、もう無駄には使えませんよね!

※工場の中の写真は事情により、撮影しておりません。

その後、事務所にて社長さんとお話。
日本の文化としての箸の話で共感を得ました。

箸は神事などにも使いますから
日本国ではとっても大切な位置づけなんですね。

そのあたりは
理屈ではなく、感性で理解できます。

帰りには、お土産に木箸をいただきました。
一同感謝感激して、工場を後にしました。

ありがとうございます!ニコニコ

今回のパーティ私たち3人は
その箸を握り締めて昼食に。

せっかく御箸をいただいたのだから、
この箸でたべたい!

これで食べてみるのだー!!

3人で箸を握り締めて車から降りてくる3人は
とっても異様です・・・ニコニコあせる

名物の肱川ラーメンを食べようとしたのですが、定休日・・
内子まで車を走らせることにしました。

WAKTAL

内子町のからりにて。
鳥肉のもろみ。
味噌の味がウマ~!!アップ

おとなの工場見学というよりは
「おとなの遠足」でしたにひひ

(追伸:
割箸にサスティナブルなデザインを。
そんな計画がスタートしそうです。)