▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

イスラム文化と日本文化の親密な関係。

2008年6月17日

イスラーム。

こんなことばかり言ってないで
現実を考えなさいと言われそうだが、
それでもイスラムなのである。

昨日は、とある西条市のLLPのT氏と一緒に松前町へ。
サーモ・クロミズムの原理を使った塗料の視察。

T氏は過去に仕事でイランへ行ったことがあるそうで、
車中ではイスラム文化の話になった。

そこで驚いたことに、私の中で
ひとつのパズルが合ったような気がしたのだ。

私のマインドマップでは、なぜかアラブ人と透明な壁が出てくる。

それは謎だったのだが、
イスラム文化にその謎を解くカギがあったのだ。

イラクにおいては、最高のもてなしが、ガラスの多用した部屋に
案内することらしい(※あくまで聴いた話です)。

透明な壁!

そういえば、私が好きな素材、ガラスの歴史は
紀元前のメソポタミア文明にまでさかのぼる。
メソポタミアは現イラクだったか?
すこし大きくとらえれば、この周辺の文化によって
ガラスは生み出されたと言えるだろう。

ガラス!

そして、シュメール人からはじまった文明をうけつぐイスラム文化は
相当に高度な文化であった訳で、
その思想が現在も脈々と受け継がれているのではないか?
民族衣装でテレビに出て、音楽も唄う。

いまの私たちが見ているイスラム文化は
後発文明のローマなど西洋文明から見たイスラムであって
本当はもっと奥深いものなんじゃないんだろうか?

本当のグローバルスタンダードはイスラムなんじゃないのか?

ハビビ!

T氏が旅行中に、イランの方が訊いたそうだ。
「日本は文化をアメリカに消されて、なぜ怒らないのか?」

そのとうりだ。
米を敵国視する必要は無いと思うが、日本のいい文明は消えつつある。

そもそも、純粋な日本人は琉球とアイヌだと聞いたことがあるが、
その二つの民族のことを軽視してはいないか?

そんな私たちが自衛隊派遣の是非を問題にしていたが、
メソポタミア文明が栄えた土地が戦争に巻き込まれていることだって問題だ。

文明発祥の地が荒れていく様は、チベット問題と同じくらいなんとかしたい現実だ。

イスラム文化については
私はほとんどズブの素人で、行ったこともなければ学んだこともない。

これからすこしづつイスラム文化について勉強してみたい。

あ、もちろん仕事もしますよ、ちゃんと。