▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

アウトローな?コンサルタント氏。

2008年5月23日

昨日は、私がロゴデザインさせていただいた
経営コンサルタント氏とランチ。

氏は私の親ほどの年齢で、
ある企業のトップを離任後、独立された方だ。

トヨタ方式の改善手法に精通していらっしゃる。

ニコニコと温和な表情でするどい指摘をするのだが、
話を聴いていながら耳が痛い。

特に、ダメな事例などは私にぴったりあてはまっていたりするからだ。
毎回、気をひきしめないと!と反省している、貴重な機会でもある。
…いつも、ありがとうございます。

氏のやりかたはスマートだ。
経営者の会にはほとんど属さず、ひとりでこなしている。
それって、アウトロー的な存在なのでは…?

もちろん、ひとりでこなせる量には限りがあるので、
その中で仕事を楽しんでいるというスタンスだろうか。

以下は氏の話より。

“そろそろ庭の木がのびてきましたね~”

  “そうですね、先生。では店長に指示します。”

“その店長さんは忙しいでしょ?”

   “はい。ほかの店舗の統括ですから…”

“では社長さん、あなたがやりましょう。”

こんなコンサルタントの先生が来たら、
従業員さんたちは内心「ヤッター!」と拍手しているかもしれない。

もちろん、仕事としてアドバイスしているので、
社長さんが庭木の手入れをすることが、数字にどういう影響を及ぼすか
読んでいてのことらしい…。