▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

みかん産地“八幡浜”探訪

2009年11月4日

月曜の愛南町訪問につづいて、

八幡浜の産地取材です。

新居浜市のアポロ13号果実さんの産地訪問企画に同行です。

ふたみの海岸

松山から伊予市双海町をとおって八幡浜に入ります。

青い海がきれい~☆

(双海町は夕焼けのきれいな海岸がウリです。)

八幡浜01

いきなりこんなことになって顔がユルんでます!

ここは八幡浜の産地その①です。

こんなロケーションで生産者の方と一緒に

お昼ご飯です。(わーい!)

八幡浜02きわみ

オレンジジュースの試飲もありました。

おいしいジュースに一同感激。

アポロ13号果実さんによる、超高級フルーツの

試食会もありました。

レインボーキウイ

これはレインボーキウイ。

(※産地は西条市です。)

ほかにもほおが落ちそうな高級フルーツの

オンパレードに一同興奮!

そのあとは八幡浜のみかん産地②へ。

とんでもない数の出荷を誇る選果場です。

せんかじょう

すごい選果ライン!!

オトナの工場見学状態です。

この選果場を日に20000ケース通過するそうです。

産地という言葉を実感しました。

というわけで、みかん産地、八幡浜に圧倒された一日でした。

さて、あとで原稿まとめなきゃ!

産地や工場って、見学や体験ってあまり無いんですよね。

その理由としては、

・そんな時間が無い

・手間がかかる

・事故があるとあぶない

・予算が無い

…これ、ぜんぶ売り手の都合です。

では、我々一般ピープルはどう思っているのか?

・体験したい

・試食したい

・産地なのになんで体験できないの?

・お土産ほしい(あるいは買いたい)

・思い出つくりたい

・お金払ってもいい

これ、全部買い手の都合です。

この両者をいかに結びつけるか。

もしそれが可能なら、トライしてみる価値があると

思いませんか?

わかっている生産者さんや企業さんは

すでにはじめていますヨ!