▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

まずは広告について

2009年5月9日

広告業者さんと上手におつきあいするコツ。

…と、その前に、広告について
確認しておきましょう。

広告は、
価格訴求型であろうが、
イメージ広告であろうが、
結果的に売上げに結びつくことが
目的です。

大きな声で言わないほうがいいので小さく言いますが、
地域貢献、CSRもエコ活動も、場合によってはNPO活動なども
なんらかの形で利益となって還元されることが目的であることが
よくあります。(奥歯にものがはさまった言い方だー汗)

広告の位置づけは?

販売促進というジャンルには
大きくわけて4つあります。


1.広告

2.広報

3.店員や営業マンなど、人が行う販売活動

4.販売促進のための活動

(5.口コミ)※これは曖昧ですね・・・


2.の広報とは、ニュースで流れた、とか会見を開くとか
タウン誌で紹介された、などの部分です。
これは広告じゃないでしょ?

自社発行の広報誌などはここに分類されます。
(※ニュースレターも一端ここに分類していいと思います。)

3.はわかりますよね?

4.はセールやキャンペーン、おまけなどです。
SPツールをあつめた業界誌もあります。

一般的に広告業者さんといえば、
1.を手伝ってくれる業者を指します。

くわしくは
マーケティングの本をみれば
この内容は詳しく書かれています。

まず、これを理解しておいて
くださいね。

基本ですので
マスト理解!です。べーっだ!