▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

にちぎん白川さーん!

2009年1月4日

にちぎん
そう、日本銀行ですね

今朝のNHKみてたら
白川総裁が出演されていました。

わたしたちにもわかりやすい言葉で
不況対策について話されていました。

日銀は
「にちぎん」という広報誌を出しています。
http://www.boj.or.jp/type/pub/nichigin.htm

(2008年冬号)

「そんな広報誌出すお金あるんなら景気なんとかしてよ!」
というヒトっているのかなぁ…

そんなひとは
文句言ってる暇があったら
まず自分から行動しましょう~

さてさて、この広報誌、
なかなか面白いですよ~。

最新号では、
松山大学経済学部教授の岩橋 勝さんという方が
「さまざまな藩札――江戸期藩札の流通実態」というタイトルで
記事を書かれています。

そこから画像拝借。。。

これ、藩札というそうなんですが、
なんだか重みがありますね

大切に使わないと
なんかバチが当たりそうです。

これもデザインだと思うのですが、
お札のデザインが軽いものだと
どうなるでしょう?

ありがたみや重みが無くなると思いません?

たとえば、
後進国と言われている国の貨幣が
立派で、尊厳があるデザインだったら?

この国を興していくんだ!!という
意気込みを感じませんか?

軽いデザインの通貨だったら
国の威信とか、
他国に対する信頼、
そしてなにより、国民に対しての信頼が揺らぐと
思います。

ところで、年賀状、出しました?

企業さんも、顧客さんに対して
賀状を挨拶状を出されたことと思います。


その年賀状が軽いデザインだったら?

はい、
もうおわかりですね?

今年、クライアントさんから
年賀状のデザインを多数依頼されました。

もちろん、ワクタルのクライアントさんには
気合いを入れて
デザインさせていただきました。

会社さんの歴史、社風、展望などをふまえて、
そこからそれないように、慎重に。

だって、責任ありますから。

これを機会に
お使いの名刺や封筒、
ホームページ、社員さんのユニフォームなどを
一度、見直されてはいかがですか?

冷静に見ると、「ヤバイ」なんてこと、
あるかもです。