▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

ためになる本は3秒で買いなさい!&フォト・リーディング

2009年1月25日

今日は寒かった!

いつもならこどもたちも、
土日で休みになると

「どっか連れてけ~!!プンプンってやかましいのですが
今日は言いません。

やっぱり
寒いのは苦手なのかな?

私はというと、
こんなときはチャンス~★とばかりに
本をひっぱり出してきました。

買ってから
読んでない本。

午後からは
この本たちと格闘です!

さあ、読むぞ~!!

ここで、本の買い方のコツを。

題して、
ワクタルの
「ためになる本は3秒で買いなさい!!」

1キャッシュカードを持って書店へ行く。
「お金がないです…、すみません、この本戻してください」
なんてことが無いように。
(↑これ、私しょっちゅうあります・・・汗!)

2欲しい本をイメージする。
どんなジャンルの本を読んで
そこからなにを得たいのかをイメージする。
「話題の本もいいけど、欲しいのは脳の働きの本…」
「サクサク読めて面白い、あるいはすぐに使えそうな情報が…」
なんて具合です。

3店内をざーっと歩く。
平積み、陳列、多面置き、ワゴン積み…
いろいろ陳列方法がありますが
目にとびこんでくる文字をおいかけます。
※ここではまだ手にとりません。


4気になった通路へ行って背表紙の文字を追う。
さっき一度は見た棚の前で、背表紙を目で追っていきます。
ほしい情報が“載ってるかもしれない”タイトルを見つけたら


3秒で買うかどうするか決めます。

5もし、似たようなタイトルの本が多い場合は目次を読む。
目次を読めば、だいたいの流れがわかります。
1章、2章、3章はノウハウ…なんて具合に。
そして、よし!と思ったら、
そこからさらに
3秒で買うかどうするか決めます。

6欲しそうだな、と感じたら、ほかの本と比べない。
最初に出会う本でいいんです。
どうせ、どれ読んでも大差ないですから(爆!)

この買い方をすれば、あら不思議!
あなたは5~6冊の本を手にしていることでしょう。

あとは読むだけです。


たとえ読まなくても、
自宅の棚に並べるだけで
満足感が得られる?!

お金もちの方はこの方法で
さらに買ってください。

もっとお金持ちの方は
こんなことせずに、直感で
棚の端から端まで買ってください。

もっともっとスーパーお金持ちの方は
私が代わりに読んで、簡潔にご説明申しあげますから
私にお金を託してください得意げ

さて、
沢山買っても読む暇が無いというかた。

そうですよね~

いつ読むんだ!
だいたい、読まなかった本が
溜まっているんだし!

たしかにおっしゃるとおり。
私もそうでした。

そんなときに
私は“ある方法”と出会ってしまった…!

なぜもっとはやく出会わなかったのか!!

そこから私の人生は大きく変わり・・・・・ませんよ
(笑)

そうです、そんなに大げさじゃないんです。

その読み方とは、

フォト・リーディングです。

もうご存じ?

あ、知ってた?えっ
きいたことあるって?!

ほらね、
そんな大げさじゃないでしょにひひ