▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

お客さんを裏切る店舗?

2008年8月31日

たとえば、私の友人がいます。
料理してます。

この写真から、彼の店を想像してみましょう☆

アットホームな雰囲気で?
笑顔のみんながあつまってくる。

みんなすぐトモダチになって。
普段着のお客さんが、「あー今日も働いた~」って入ってくる。

居酒屋?
もしかして沖縄料理?

椅子は木でできていて、店内にも木が使われてて。
壁は塗り壁で、古民具なんかがあって。

木こりのノコギリもあるし、
「海人」とか「ご縁」とかいう書が飾ってあって?

ハイ。
たしかにそういう場所が似合いますね。

ここでたねあかし。

彼は養護学校の先生です。(!) 笑

福祉の世界の人間です。
九州でおそらく一番おおきな?養護学校で、クラスをもっています。

意外?

見た目は和風な感じでしょ。
下駄とかも履いてるし。
でも、でかいアメリカンバイク乗ってます。

生徒からも慕われてます。
人気ありそうでしょ?

そして、彼のつくる料理は最高にうまいです!
なんでも自分でアレンジしてつくっちゃいます。
漬け物なんか、めちゃくちゃに美味い!

笑顔でつくってるでしょ?
本当に楽しそう。

つくったものをみんなで食べてワイワイ言うのがとっても嬉しい!という
気持ちが伝わってきます。

さて、もういっかい、彼が店を開くとどんな店になるのか
想像してみましょう。

ありきたりの店で、いいんでしょうか?
型にはめたような、誰が運営していもいいようなお店でいいんでしょうか?

彼の魅力を、もっと沢山のお客さんに知ってもらうような
「何か」が必要なんじゃないかなぁって思います。

他店舗展開しなくていいから、幸せの輪を広げたい。
そんな想いを伝えるお手伝いができればいいなって思います。

お店に来るお客さんの想像を、イイ方向で裏切るような。
(それはとっても難しいんですけどね…汗)

あ、彼はお店はじめたりしませんよ、念のため。
教育者ですから(^o^)