▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

お客さんが買っているものは?

2010年2月8日

昨日、花屋さんの話を書きました。

お客さんは、花やさんで何を買っているのか?


たとえば、私の場合。
うちの子どもがピアノの発表会だったとします。

きっと帰ってきて、今日の発表会の話をするでしょう。
その場合、褒めてもらいたいんじゃないでしょうか。

じゃあ、なにかをプレゼントしてあげたい。
おもちゃ?絵本?お菓子?

いやいや、ここは花束だろう。
ミッキーマウスのカップに入った、小さなアレンジメント。

値段は…あまり高くなくていいかな。
普段+αのヨロコビが表現できる花束だな。

彼女きっと喜ぶぞ。
学校から帰ってくるのが5時だから、
そのあとに帰宅して、驚かせてやろう。

自分の机の上に飾るだろうから、
小さな音符のピックもつけてやろう。

メッセージカードもつけよう。
よくばんばったね、って。

1週間くらいもつように
花やさんにお願いしてみよう。

…どうですか?
こういうこと考えて買っています。

だから、単に「花」を買っているんじゃないんです。

え?
“そこまで考えて買わねーよ!”だって!

自分のお子さんが喜ぶ姿を見たくないんですか?
きっと喜んでくれますよ~!

そこにあるのは、花を買ってからの
幸せであり、親子の絆であり、やさしさ、愛情…
いろんなものが含まれています。

買うほうは、それを買っているんです。
その要望に応えれない花やさんでは、買いたくありません。

なにを売っているのか?

それを突き詰めてお店のコンセプトに据えれば
どうなるとお思いますか?