▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

おもしろいことやろう、のワナ。

2012年8月8日

「おもしろいことやろう」

あ-、なんていい響き。

私もワクワクすることが好きなので
この言葉にはずいぶんとやられちゃいました。

たしかに、面白いことをあれこれ考えるのは楽しい。
アイデアがどんどん湧いてきて、
止まらなくなる。

あるいみ珠玉の時間です。

でも、現実を思い知る時間はきっとやってくる。
かならずやってくる。

夕闇が迫ることから逃れられないように。

現実とは、自分の成熟度。
成熟していないまま面白いことをやろうとしても
うまくいかない。

あー、書いてて耳が痛いです。笑

夢は夢、
そして、現実は現実。

夢を見ることは絶対必要です。

それとおなじように、
現実を把握することも絶対必要です。

身体を鍛えたいと思っても、
いまの体力を知らなければ、
どんなメニューが効果的なのかもわからない。

おもしろいことだけ見てたら、
足下が見えなくなることがあるってことを
まずは知らなくてはいけませんね。

おもしろいことを考えながら、
現実を把握して、そのギャップを埋める方法を考える。

これ基本だと思います。