▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

うちのこどもたちは幸せです。

2009年3月9日

手前味噌ですが、
うちのこどもたちは幸せです。

なんでかって

それは、、、

下駄がはけるからです!!ニコニコ

西条市にある大通寺では
毎月8日に花薬師の縁日が開かれています。

規模は小さいですが、
骨董市をやってます。

私もすこしお手伝いしていることもあって、
今日はおじゃましてきました。

WAKTAL

手打ちそば。
昔の家庭では年越しそばを手打ちしていたそうです。
奥様たちはきっと大忙しだったことでしょう・・・。

↓これ、買いました!
WAKTAL

そこで私が買ったのは
『下駄』。

うちのこどもたちに
プレゼントするためです。リボン

きっと彼らは
この下駄をはいて狂喜乱舞っすることでしょうアップアップ

こういうかわったもので歩くのって
こどもたちにとってはたまらない刺激です。べーっだ!

「むかしのこどもたちは
ずっとこれで生活してたんやでー」って
教えてあげて、

これでそのへんを歩くにまかせてみようと思います。

感性教育です。
時代を知るための。ニコニコ

ちょっと余談。。。

今日の骨董市に来られているかたがたに
おはなしをきかせてもらいました。

そこで、
いろんなヒントをもらいました。

そこには、
電話もあまり無い時代からつづく
コミュニティがあったのです!えっ

これ、おおきな発見です。音譜

おそらく、
これからのビジネスのキーワードになるはずです。

コミュニティの形成されていくヒントが
ぎっしりつまってました。

ただし!
私はそれを、やれ「新ビジネスだ!」とか
「販促の虎の巻」とかって声を荒らげたりするつもりはありません。得意げ

だって、
そこにあったコミュニティは
店主さんとのかけあいを楽しむ、縁日のピュアな姿だったんですから。

その前では、
どんな強靭なシステムも陳腐にみえることでしょう。

人肌のぬくもりが、本質である限り、
わたしたちの感性はいつも幸せを感じていられるのだと
実感しました。~ドキドキ

ぜひ、足をはこんでみてください。

日本の原点に
すこし触れられるかもしれませんよ?!ニコニコ