▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

「マーケティングとは、思想である」

2013年6月11日

2013-06-06 18.24.19

このところ、マーケティングのことで
研修をご依頼いただくことが多くなってきました。

研修の担当者さんも、
ものづくりには売ることが欠かせないということを
意識されているのだと思います。

で、内容はというと、
“こういう内容でお願いします”と言われたときは
なるべくご希望に沿う内容をお話するのですが、

まれに、
マーケティング=広告、販売促進と
とらえていらっしゃる方がいます。

かくいう私も昔はそう思っていました。
だからDMやWEBでいかに集客するかを考えていました。

でも、いろいろやってると
それだけではうまくいかないことに気づくんです。

先日購入した本にいい言葉がありましたので
ご紹介します。

中田信哉さんという方が書かれた
「クロネコヤマト宅急便を創った男、小倉昌男さんのマーケティング力」
という本の中に、マーケティングを言い当てた言葉がありました。

【小倉さんは、マーケティングは思想あるいは考え方であると
理解されていたようである。】

【つまりマーケティングの要諦は、まず市場分析があり、
その市場に適合するようなシステムを作っていくことにある…】

ここを読んで私は改めて、
自分の考えがブレていないか反省するきっかけとなりました。

みなさんはいかがですか?