▲ ページトップへ

キャッシュフローを最小限までシンプルに視覚化することで経営の未来が手に取るようにわかるようになります。経営の未来が見えることで、投資計画や人材育成、融資獲得はもちろん、マーケティングやブランディングまでもが見通せるようになるのです。ワクタルは経営ビジョンとお金の流れの視覚化を起点に、社長・院長のお悩みごとを解決し、ビジョンの実現をサポートするパートナー型コンサルタントです。

ワクタル デザイン&イノベーション

Week Day 8:00-18:00 Skype & LINE OK.

ブログ blog

コンセプトの悩みの解決法。

2013年11月17日

コンセプトって言葉、よくわかりにくいですよね。

〈コンセプトがはっきりしないんだよ!〉

そんな言葉を、審査員やコンサルタントなどから聞かされた人も
きっといると思います。

僕はコンセプトをつくる立場なんですが、
ときどき、
〈あれ?このデザインのコンセプトは何だっけ?〉と
ふと我にかえることがあります。

夢中になってやってると、
これまでの経験や手癖なんかが出てきて
ついコンセプトから離れてしまうことがあります。

そんなときに人に見せると
〈コンセプトが見えないな~〉と言われます。

で、コンセプトを見直すんです。
そもそもこのコンセプトって面白いのかい?って。

商品でもグラフィックでも、
コンセプトを決めてから実際にカタチにしてみると
〈う~ん、なんだかつまらないな…〉と思うときがあります。

そんなときは葛藤しますね。
コンセプトを見直すのか、
それとも、このまま行けるトコまで走ってみるのか?

そういう紆余曲折のプロセスは
かならずあります。

だから、
できるだけ早くカタチにして、
なるべく早い段階で紆余曲折が出るようにしたほうがいいんです。

早くラフを書いて、ハイスピードでモックアップつくって。
で、客観的に見る。

すると、いろんな感想がわきあがってくる。
そうしないと、十分な検討ができないんですよ。

スピード感をもって、まずはやってみる!
これがワクタルの大切にしていることです。

やる前にグダグダ言っても、なんも面白いもの、
出てきません。

やる前にグダグダ言うのは、
手柄を横取りしたい人じゃないでしょーか?

そんな人と一緒にいても、
なにも面白いことできないです。